西大寺愛郷会(さいだいじ あいきょうかい)とは


西大寺愛郷会会則

第1条(名称及び所在地)
この会は西大寺愛郷会(以下「本会」という)と云い、事務局は本会の事務局長宅に置く。

第2条(目的)
本会は会員相互の緊密な協議と研鑚によって、主として西大寺地区及びその周辺地域(以下、「郷土」という)
の自然景観、歴史、文化財産の保護を図り、郷土の文化の向上に寄与することを目的とする。

第3条(組織)
この会は西大寺愛郷会(以下「本会」という)と云い、事務局は本会の事務局長宅に置く。

第4条(事業)
本会は会員相互の緊密な協議と研鑚によって、主として西大寺地区及びその周辺地域[以下、「郷土」という)
の自然景観、歴史、文化財産の保護を図り、郷土の文化の向上に寄与することを目的とする。
1.郷土の自然景観・歴史・文化遺産などの調査・研究並びに保護・保存。
2.前号の資料の収集・作成・展示・配布など。
3.前①号に関して、関係機関への連絡・協議・意見具申など。
4.文化財などの所有者への助言と相互協力。
5.会員相互の研鑚・意見交換・研究発表・親睦など。
6.その他、本会の目的遂行のため必要な事項。

第5条(役員)
本会に次の役員を置く。
会長      1名
副会長    若干名
理事     若干名
事務局長    1名
会計      1名
監事      2名
役員は第3条の会員の中から定時総会で選任する。
役員の任期は2年とし、再選は妨げない。ただし、期中に就任した役員の任期は他の役員の任期に準ずる。

第6条(役員の任務)
会長は本会を代表し、会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、会長自己ある時はその職務を代理する。
理事は本会の運営に参画する。
事務局長は事務を統括し、会議のとき書記を担当する。
会計は経理を処理し、年度末に決算を行い、監事の監査を受ける。
監事は経理を監査し、その結果を定時総会に報告する。

第7条(組織名誉会長 顧問)
本会の運営に特に功績のあった者を、総会で名誉会長に推すことができる。
顧問は、必要のある時役員会で選任することができる。

第8条(会議)
会議は総会[定時総会・臨時総会]・役員会。例会とし、会長が招集する。
1.総会は本会の最高の決議機関で、毎年4月に定時総会を、必要な都度臨時総会を開催する。
2.役員会は重要案件を審議し、必要に応じ名誉会長・顧問の出席を求めることができる。
3.例会は毎月開催し、会長に対する連帯・会員による研究時候の発表を行う。

第9条(事業年度・会計)
本会の事業年後は、毎年4月1日から翌年3月31日で終わる。
本会の経費は、会費・寄付金・助成金およびその他の収入を充てる。

(付則)
1.本会付属の西大寺文化資料館の運営・維持・管理は本会が行う。
2.第9条に定める年会費は、2千円とする。但し、10月1日以降に入会のときは1千円とする。

 

コメントを残す