中野:海の近くを連想する地名かも(1886年の調査結果に)

1886年(M19)の「河溝道路堤塘等取調表」が資料提供されました。読み進むうちに、中野地内に海に関係しそうな「浦」「島」がいくつか見つかりました。

西浦道、上五浦、広井北浦、広井道、段亀嶋(島)などです。

これだけで、中野はかつて海だった、とは言い切れません。一方、畑を掘れば、貝殻、塩水、海藻のようなモノがでてきたという話は数多く聞き、あわせて「昔は海だった」とも聞きます。中野の歴史に興味をもっていただけるとうれしいです。情報提供もお待ちしています。

1886年(M19)の「河溝道路堤塘等取調表」表紙
1886年(M19)の「河溝道路堤塘等取調表」表紙
中野地内の古い地名など(一部)
中野地内の古い地名など(一部)

 

“中野:海の近くを連想する地名かも(1886年の調査結果に)” への2件の返信

    1. >>丸谷様 コメントありがとうございます。どのように貴重なのかご教示ください。この調書は、当時の岡山県知事あてに提出されたもののようです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す