梅ヶ枝橋:西大寺と中野の境に歴史的な橋が

「吉備前秘録」に載っている「梅ヶ枝橋」はココ

地図・ 梅ヶ枝橋の位置 >> http://map.goo.ne.jp/map/latlon/E134.1.59.735N34.38.59.377/zoom/12/

↑goo地図の中心点が「梅ヶ枝橋」の位置です。

「吉備前秘録」の「梅ヶ枝橋」記述部分はココ

岡山県立図書館デジタルアーカイブ「吉備前秘録」
岡山県立図書館デジタルアーカイブ「吉備前秘録」

↑筆文字です。読みにくいですが、薄くしてない部分が「梅ヶ枝橋」関係個所です。URLで表示されたファイルの40頁あたりが該当箇所です。

↓「吉備群書集成」に掲載されている「吉備前秘録」では以下の通りです。

「吉備群書集成」に掲載されている「吉備前秘録」の「梅ヶ枝橋」関係部分
「吉備群書集成」に掲載されている「吉備前秘録」の「梅ヶ枝橋」関係部分

少し読みやすくなったでしょうか。

西大寺と中野の境目、わかりますか? 情報提供お待ちしています。

参考:

関連記事:

過去の記録:芳野村大字中野河溝道路見取図(明治19年作成、大正7年再写)

“梅ヶ枝橋:西大寺と中野の境に歴史的な橋が” への2件の返信

    1. >>丸谷様 地元のとある方に糸口を教えていただきました。現地やその周辺に貴重な事柄が埋もれている例だったかもしれません。豊臣秀吉(軍)が渡ったとも伝えられています。「西大寺町誌」(同誌編集委員会、1971年、404頁)では「梅ヶ江橋」としているようですネ。追加情報おもちでしたらお寄せください。

コメントを残す