淡島大明神(普門院境内)

せえでえじ神社巡り:淡島大明神(普門院境内)

普門院の本尊は虚空蔵菩薩でありますが、その鎮守として淡島様が祀られています。

普門院境内の淡島大明神
普門院境内の淡島大明神

副住職の鷲峯氏(55歳)にお聞きすると「7月12日には夏祭りを行っています。淡島様は婦人病などに特にお陰があり、ご婦人のお参りが多くあります」とのことでした。

近所の国光和江さん(76歳)がお手伝い

どのようなお祭りをしているのかご近所で良くお手伝いをなさっている国光和江氏(76歳)にお聞きすると、「昔は縁日なども出ていましたが、今は普門院さんのお接待だけで行われています。お接待は素麺をお出ししたり、子供たちには金魚すくいやヨーヨーすくいなども無料で行われています。主人が健康な頃は拝まれる時、太鼓を打つお手伝いなどもしておりましたが、今はそれはやっておりません。曜日に関係なく7月12日に決まって行なわれていて女性から男性の方まで大勢お参りにこられます」と教えて下さいました。

淡島明神は安産、子授け、裁縫の上達、人形供養など女性に

由来については「寛延のころ(1748年から1751年)紀州加太神社からご分身を頂きお祀りしたと伝えられています。
淡島明神は婦人病治療を始め、安産、子授け、裁縫の上達、人形供養など女性に関するあらゆることに霊験のある神とされています。江戸時代に淡島願人と呼ばれる人々が淡島神の人形を祀った厨子を背負い、淡島明神の神徳を説いて廻ったことから信仰が全国に広がったといわれています。寛延の頃というと9代将軍徳川家重の時代です。家重は8代将軍吉宗の長男です。淡島大明神威光倍増の功徳により息災延命諸悪退散福徳寿楽家内安全等の霊験あらたかにし、特に婦女子の諸願を満たして諸病を治し夫婦円満、子宝を与え、安胎安産を願う風潮が盛んであったのでしょう。西大寺の歴史が古いことがひしひしと感じられます。

普門院の正門
普門院の正門

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ「わしぁ 淡島様はお参りしたことがなかったんじゃあ。今年はお参りしてみてえな」
ばぁば「母から聞いた話じゃけど、淡島様は安産祈願などあらたかで良くお参りしたそうじゃあ。服を重ね着して古着をぶら下げて歩いていると『淡島さんのようじゃ』といったんじゃあてえ。どこの部落も淡島様をお迎えしてお祀りしているところが多いんじゃて」

余談ですが境内には芭蕉の碑が建っています。

「さまざまの ことおもい出す 桜かな」

さまざまの ことおもい出す 桜かな
さまざまの ことおもい出す 桜かな
さまざまの ことおもい出す 桜かな
句の部分拡大:さまざまの ことおもい出す 桜かな

西大寺には芭蕉の句がふたつ建立されています。ひとつは西大寺鴨越の水源地にたっています。もうひとつが普門院の境内に建っています。この句は元禄元年(1688)に詠まれたものだそうで、西大寺連中が天保14年(1843)芭蕉150回忌に普門院境内に桜塚を建てたと「吉備俳諧略史」にあるそうですが、正確なところは不詳です。西大寺には俳句熱が盛んだったと思われます。

コメントを残す