「平成30年度 第46回 西大寺公民館文化祭」に展示発表します

平成30年度の西大寺公民館文化祭が10月20日(土)~21日(日)に開催されます。西大寺愛郷会も西大寺公民館のクラブの一員として展示発表を行います。
展示場所は、ロビー入り口左側です。是非お立ち寄りください。

展示概要は、以下の通りです。
テーマは「備前農兵隊とし、地元からも東征(江戸・東北)」です。
平成30(2018)年は明治改元150周年に当たります。
それに合わせて、西大寺文化資料館では、現在「幕末・明治の西大寺展」を企画展示中です。
その第3弾として展示予定のものを出張展示するものです。

戊辰戦争(慶応4年1月~明治2年5月)において、新政府軍の討幕軍として約600人以上の岡山藩兵が江戸・東北に出兵しています。
その中に、藩の兵制改革により、農兵隊(農民による兵隊)が結成され、
約200人が加わります。
(農兵隊は当初耕戦隊のち遊奇隊と名称が変わっています。)
農兵隊の彼らは、のち「奉公書」を提出し、功績により「郷士(武士)」に取り立てられます。
そこで、地元に残る記録をもとに、東征軍の足跡を辿りました。
 農兵隊関連資料

上道郡沖新田内7番(現東区政津)の森本良太氏の先祖幷勤仕之品書上(奉公書)
 戊辰戦争の足跡、記念碑等
以上

コメントを残す