「はだか」第647号

西大寺川柳社発行の「はだか」第647号(2018年11月27日付)が届きました。紹介します。

「はだか」第647号
「はだか」第647号

「河畔集」「はだか句会」などのほか、「おめでとう」欄では、西日本川柳大会における西大寺川柳社のみなさんの入賞などを伝えています。

第20回西日本川柳大会(弓削)

  • 第一部、第2位・野島全、第9位・伊藤寿子、第10位・工藤千代子
  • 第二部、第3位・東槇ますみ、「手紙」天位・野島全、人位・工藤千代子、「ドラマ」天位・国塩志保里、地位・伊藤寿子、「追う」天位・永見心咲

川柳に興味をお持ちの方は、お気軽に西大寺川柳社(主幹・野島全)までご連絡ください。電話086-943-4627

10日、備前西大寺地名考(緑の図書室教養講座)

講師から以下通り掲載依頼がありました。紹介します。

11月10日は、緑の図書室として、お客様100人を目標にして配布資料を準備されています。
しかし、当日は歴史系の講演会がいくつも集中しています。
講演内容にあるように、初めてのお話しばかりです。
お時間のある方は、お遊びにおいで下さい。

10日、備前西大寺地名考(緑の図書室教養講座)
10日、備前西大寺地名考(緑の図書室教養講座)
10日、備前西大寺地名考(緑の図書室教養講座)
10日、備前西大寺地名考(緑の図書室教養講座)

 

 

桃太郎のまち岡山 Wi-Fi、西大寺でも公民館とふれあいセンターで

西大寺ふれあいセンター(岡山市東区西大寺中2-16-33)と西大寺公民館(岡山市東区向州1-1)で、このほどFree Wi-Fi を使うことができるようになりました。

「はだか」第646号

 

「はだか」第646号(2018年10月23日付、西大寺川柳社)が発行されました。

「はだか」第646号(2018年10月23日付、西大寺川柳社)
「はだか」第646号(2018年10月23日付、西大寺川柳社)

同号では、河畔集、十句選、川柳はだか十月句会などでの力作のほか、「おめでとう」欄で各地で好成績をあげている川柳社のみなさんの活躍を紹介しています。

西大寺川柳社11月句会は、17日(土)13時から、西大寺公民館で催されます。

詳細は、西大寺川柳社(野島全さん、086-943-4627)までお問い合わせください。

 

 

また、中野公民館前遊園地が荒らされた

13日午前、中野公民館前遊園地のブランコ安全柵が多少穿ったようになっていました。7月に同様のことがあり、関係する町内などにより補強されました。2カ月ばかりし、再び同様のことが起こったことになります。

なお、周囲にはお菓子などの包装、未消火を含む吸殻数本なども散乱していました。

中野公民館公園のブランコ安全柵
中野公民館公園の穿ったようになったブランコ安全柵
ブランコそばに散乱する吸殻、ゴミ
ブランコそばに散乱する吸殻、ゴミ

 

関連記事

「はだか」第645号

「はだか」第645号(2018年9月25日付、西大寺川柳社)が発行されました。

「おめでとう」欄では、山陽柳壇9月5日に、永見心咲さんが4席、工藤千代子さんが佳作、を報告しています。

川柳大会などのお知らせは、以下の通りでした。

  • 9月28日、愛媛県川柳大会事前投句締め切り
  • 9月30日、竹林の風川柳大会・全国誌上大会投句締め切り
  • 10月6日、第24回川柳塔まつり
  • 10月14日、第70回西日本川柳大会
  • 10月21日、川柳赤穂吟社創立6周年記念川柳大会
  • 10月28日、愛媛県民総合文化祭川柳大会
  • 10月31日、第33回渡辺銀雨賞すずむし全国誌上大会締め切り
  • 11月3日、第12回岡山県川柳大会

詳細は、西大寺川柳社(野島全さん、086-943-4627)までお問い合わせください。

「はだか」第645号(2018年9月25日付、西大寺川柳社)
「はだか」第645号(2018年9月25日付、西大寺川柳社)

堤防決壊、M25年にも似たようなところが。資料は語る

岡山県上道郡水害見取図(明治25年)
岡山県上道郡水害見取図・部分(明治25年)

「岡山県上道郡水害見取図 明治25年」の部分コピーが寄せられましたので紹介します。一部、作成後手書きが加えられているようです。

明治25年は、西暦1892年です。同年7月23日を中心に台風により暴風雨洪水が発生しています(出典・岡山市の災害 PDF)。上道郡では、死者11人、負傷者2人、家屋全壊206戸、家屋半壊280戸、床上五尺浸水1059戸、床上に至る浸水3092戸、となっています(出典・同前)。

「見取図」は1892年の同台風にともなう被害状況をまとめたものです。図は西大寺近辺をコピーしたもので、電子町内会へ提供されました。これを見ると、西大寺、芳野、などのほとんどが浸水し、芳野小学校は倒壊、金田、可知の村役場も浸水していると読み取れます。

また、砂川は、平島、角山、芳野などで決壊し、図を提供していただいた方の見立てによると「平島の決壊場所は今年7月と似たような場所」「角山の決壊場所はこれまでたびたび指摘され、越水などがおこっている場所」「芳野両岸にまたがる決壊場所は、地元では危ないと言われているところ」などとのことでした。

「芳野」は旧村で、現在の浅越地区、中野地区の範囲にあたります。芳野関係の砂川左岸では、堤防が弱くなっていることを具体的に指摘する声も聞かれます。

砂川のうち芳野の決壊場所
砂川のうち芳野の決壊場所(先頭図の部分切り抜き、カラーで書き加え)

ちなみに、明治26年(1893年)10月12日~14日にかけて同様に台風により暴風雨洪水が発生、昭和9年(1934年)9月20・21日は室戸台風、昭和21年(1946年)12月21日には南海地震による被害を受けています。

 

追記

台風21号で、岡山市が災害警戒本部設置

岡山市災害警戒本部を設置しました<広報第1報(台風第21号) 平成30年9月4日5時30分発表> 暴風、波浪警報が発表されたため平成30年9月4日(火曜)4時22分に岡山市災害警戒本部(直通電話086-803-1600)及び各区災害警戒本部を設置しました。     【区災害対策本部】 北区災害警戒本部(直通電話086-803-1850) 中区災害警戒本部(直通電話086-901-1643) 東区災害警戒本部(直通電話086-944-5100) 南区災害警戒本部(直通電話086-902-3500)