愛郷会発行図書「西大寺」の表紙を語る

発行図書「西大寺」の表紙のふるきをたずねます。

第1号 西大寺観音院:桜田昌郎氏のスケッチ画

作者の桜田昌郎氏は岡山市東区上阿知在住の人。
作品の年代は不祥。向州公園から望む観音院の風景。
西大寺は、岡山県岡山市東区西大寺にある寺。
山号は金陵山。本坊は観音院。観音院は高野山真言宗別格本山の寺院。本尊は千手観世音菩薩。
日本三大奇祭のひとつとも言われる、会陽(えよう、裸祭り)が有名である。
寺伝によれば、751年(天平勝宝3年)、周防国玖珂庄(現在の山口県岩国市玖珂町)に住んでいた藤原皆足姫が金岡郷(現在の岡山市東区西大寺金岡付近)に観音像を安置したことに始まり、777年(宝亀8年)安隆が現在地に堂宇を建立したとされる。
元々は犀の角を戴き鎮めた地に建立したことから、「犀戴寺(さいだいじ)」と称したが、後に後鳥羽上皇の祈願文から「西大寺」に改称したとされる。
1507年(永正4年)の『金陵山古本縁起』によれば、1299年(正安元年)に堂宇を消失した記録のなかに、本堂、常行堂、三重塔、鐘楼、経蔵、仁王門等を構えていたことが記されており、すでに地方屈指の大寺であったものとみられる。
(参考)ウィキペディア 西大寺

“愛郷会発行図書「西大寺」の表紙を語る” の続きを読む

愛郷会発行図書「西大寺」

1号

<発行日:昭和50(1975)年 6月>

目次 作者
表紙 西大寺観音院スケッチ画 桜田 昌郎画
口絵 明治六年角力興行
創刊のことば
海から来た神 木村 堅一
乙子神社祭礼考 大重 美敏
会陽・「しんぎ」の語意 三浦 叶
金岡新田・可知学区の字名について 矢部 文次
かんばら 行司 芳郎
幸島と石にまつわる話 門田歓次郎
道灌と江島 外波崎住人
高橋秋華画伯を訪ねて 晩 舟 生
資料 70年前の西大寺の商家
例会日誌
会 則

愛郷会発行図書「西大寺」の表紙を語る

 

“愛郷会発行図書「西大寺」” の続きを読む

郷土を彩るゆかりの人達<著者:中村美佐雄 発行日:平成21(2009)年 4月>

目次
(財界)天満屋初代 伊原木茂兵衛
(財界)天満屋二代 伊原木藻平
(財界)天満屋二代 伊原木藻平
(財界)天満屋四代 伊原木伍郎
(財界)両備創業者 松田與三郎
(財界)両備二代  松田壮三郎
(財界)両備三代  松田 基
(芸術)狩野派絵師 狩野永朝
(城主)正木 大膳 妻 玉尾
(文学)万葉調歌人 平賀元義
(教育)六高校長  黒正 巌
(芸術)日本画家  石井金陵
(芸術)日本画家  岡本月村
(社会)農民運動家 山上武雄
(芸術)洋画家   ベル串田
(行政)西大寺市長 家野猛之
(教育)西中初代校長 絹巻 忠
(芸術)仏画家   釈尾弘邦
(教育)文理大教授 田中寛一
(財界)第一生命  矢野恒太(1~7)
(財界)テイカを誘致 中野静夫(上・下)
(教育)英学者   中野 久夫
(教育)国文学者  業合 大枝(上・下)
(宗教)住職で家元 河内 祐憲(上・下)
(教育)大原農研設立 近藤萬太郎(1・2・3)
(教育)統合西高校長 森 嘉吉(上・下)
(社会)孤児院創設  石井十次(上・中・下)
(芸術)日本画家   高橋 秋華(上・下)
(史家)改定邑久郡誌 小林久磨雄
(自治)西大寺町長  岡崎 勉
(自治)西大寺町長  山口誠孝
(政治)知事から大臣へ 安井英二
(政治)井戸端政治家 小橋三兄弟
(行政)4回も外務大臣 次田大三郎
(財界)ホクコー初代社長 山本正志
(建築)新田の棟梁  尾関滝右衛門
(報道)山陽新聞社長 松岡良明
 後記

備前の国西大寺 歴史探訪記<著者:中村美佐雄 発行日:平成25(2013)年 6月>

目次
真言宗 金陵山西大寺
神仏習合の霊地 上寺山
雄神川神社(西大寺渡場町)神武天皇を祀る
西大寺紡績設立から再開発まで
山陽板紙と大蔵省印刷局へ
邑久郡での酪農と練乳会社
日本エクスラン工業西大寺工場 戦後企業誘致第一号
鴨越浄水場
金岡新田
幸島新田
沖新田
岡山県の三大河川
倉安川
両備グループ百年の軌跡
赤穂線の開通までの足跡
金山の寸描
吉井川右岸の向州
北之町の浜倉と藤家八兵衛
西大寺地区の歴史を訪ねる
旧上道郡西大寺町
旧上道郡雄神村
旧上道郡金田村
旧上道郡九蟠村
旧上道郡津田村
旧上道郡光政村
旧上道郡可知村
旧上道郡古都村
旧邑久郡豊村と長沼地区
旧邑久郡太伯村
旧邑久郡幸島村
旧邑久郡朝日村
旧邑久郡大宮村
連載を終えるにあたって

西大寺物語<著者:青江文次 発行日:平成12(2000)年 3月>

目次
1 西大寺の夜明け
2 黒和貝塚
3 第三の場所
4 お寺、古い地名
5 今も残る古い地名
6 大伯皇女の悲話
7 東大寺の瓦出土の謎
8 源平合戦のころ
9 西大寺地域の鉄
10 宇喜多家の人々(一)
11 宇喜多家の人々(二)
12 宇喜多家の興亡 ふくという女
13 宇喜多から池田
14 江戸時代の文化遺産
15 ”推歩先生”海岸を測量
16 西大寺ゆかりの赤穂浪士
17 ゆかりの万葉歌人
18 平賀元義の和歌
19 多士済済の名工
20 永安橋第一号
21 永安橋 その後
22 夏の祭り
23 観音院の夏祭
24 ここはどこでしょう?
25 ここはどこでしょう?
26 前回の答
27 朝廷や足利軍勢が往来
28 古代から開けた「可知郷」
29 江戸時代に干拓で開ける  金田
30 芥子山麓で古代人生活   芳野
31 寺子屋中心に学問盛ん   金岡
32 岡山藩直営で干拓     光政
33 ”干拓恩人”の名字が村名 津田
34 三百年”耐える”湾曲堤防 九蟠
35 鎌倉末期には”市場”   西大寺①
36 近代化を進めた初代町長  西大寺②
37 家、職業とも同じは2軒、新堀町30戸・70年の変遷 西大寺③
38 水路が交錯する”心臓部” 雄神
39 吉井川の”沖積開拓”   豊
40 平安時代の書物に地名   長沼
41 古来牛窓往来の”要地”  太伯
42 地名は安仁神社に由来   大宮
43 幸西堤300年前の土木技術を結集 幸島
44 岡山市内で朝日を早く見る所 朝日
45 往年には採石・精練所で活況 犬島
46 西大寺地区内を「歩くコース十選」
47 平成六年に「新八景」選定
48 寄進の「屋号」に厚い信仰心 窪八幡宮
49 新たに「7選」を追加 ハイキングコース
50 読者の皆さんに励まされる
 あとがき

西大寺今昔物語<著者:三浦 叶 発行日:平成元(1989)年 9月>

目次
随感西大寺の町を興すもの・農業博物館の設立・えびす祭
今昔談 西大寺の画家石井金陵・夏の西川情趣・西大寺の名人奇人
会陽と金毘羅まいり・近藤万太郎の学問と人柄・夏の吉井川
「もち」の話・餅の名称・西大寺会陽光景今昔・岡本月村の伝と画風
金山招魂社・力士「玉の森」一家・夏の清涼飲料・誓文払い
会陽と裸祭り・西大寺の文化的生活・「ちょれー」と「けなりー」の語源
べっとう・べたくそ・金毘羅さまの祭り・昔の楽しい音楽グループ
百年河清は待てない・西大寺の歳末(岡山旭新聞)
西大寺の画人 岡本月村と『ホトトギス』
西大寺の画人 岡本月村の俳句のことども
西大寺の画人 升谷完
西大寺の画人 狐と狸の話
西大寺の劇場(入万小屋・高嶋座・吾妻座)
田中景涯と謡曲「松中島」
   豊原の俳句
検事物語の著者 出射の義さん
西大寺観音院の祭 夜待・水祭
おかしな会陽宝木の由来
西大寺詞藻
百日紅舎聞談(西大寺の古老談)

門前町 西大寺叢談<著者:三浦 叶 発行日:昭和59(1984)年 10月復刻>

目次
都紀の郷
門前町西大寺の歴史
戦後の西大寺情景
西大寺と鉄道
西大寺風土記 向洲 永安橋 観音院
商売の町西大寺 西川情緒
西大寺雑記 三好野物語 持経観音
向洲の興行 西大寺の縁起と絵巻物
霊鐘の効験 青物市場
港まつり 野球の思い出
黎明の鐘 西大寺の銘菓 一番古い芝居小屋
文苑雅談 西大寺の俳壇 満藤涼呼
新選七夕狂歌集
文苑の栞(日本正調俳句研究会・
旭東俳句連盟・卯の花会・新月会)
津島然々子の句集(句文集・句碑)
根木俊三の歌集(歌碑・歌集)含翠館夜話
年わすれ集
伝記 西大寺画人伝 高橋秋華・石井金陵・岡本月村・尾崎星岳
窪田雄峰・田渕美〇・津島恭邦
西大寺歌人伝 山口四朗平・羽生永明
田中寛一先生顕彰碑・乙倉遠祖之碑
西大寺町立高等女学校創立の経過
西大寺高等学校校歌の誕生
金毘羅大権現をどう祀るか
忘れられている西大寺の観光事業
西大寺文化資料館の開館によせて

西大寺物語 都紀の郷<著者:三浦 叶 発行日:昭和51(1981)年 8月>

目次
都紀の郷
西大寺の話(1)開基・開山
西大寺の話(2)寺号(犀戴寺から西大寺
西大寺の話(3)会陽・宝木
夜待
燈籠流し(水祭 )と地藏流し
金比羅大權現の由來
猫庵の伝説「附お安地藏」
往時の西大寺港
山陽線と牛
町名のおこり
日笠彈正の墓
犀戴小學校・都紀小學校
青樹庵沙明
満藤望樹のことゞも
續西大寺の話(1)字喜多家と西大寺
續西大寺の話(2)国寶の釣鐘
續西大寺の話(3)西大寺の災難と霊験
荒鍬宮・淡島大明神宮
色上稲荷
裳掛天満宮
巨勢金岡の屋敷址と筆洗の井
お當屋(オマット)
永安橋
上水道の敷設
日清戦争後の産業界西大寺精米・西大寺紡績
天満屋と伊原木藻平
小学校と中学校
西大寺新聞年代史
キリスト教伝来記
山陽・嵓洲と西大寺
西大寺の俳壇
伊原富寿と「たびのしおり
西大寺雑記

西大寺の祭<発行日:昭和50(1975)年12月>

目次 作者
表紙 山本 聖賢画
カット 河本の太鼓の図
布勢神社の祭 矢部 文治)
窪八幡宮の星祭 祝部 佐牟呂
河本の祇園祭 安藤  繁
西大寺の祭礼 青江 文次
西大寺観音院の祭(夜待・水祭) 三浦  叶
安仁神社の祭 福光 愛治
亀石祭 上岡 駒三
幸島稲荷神社と神事角力 奥山 房太郎
片岡八幡宮とおねり 門田 歓次郎
おひまち 門田 歓次郎
こんがらとおしめ様とみこ 大重 美敏)

西大寺の城跡<発行日:昭和49(1974)年 2月>

目次 所在地
乙子城 乙子
乙子城 乙子
神崎城 神崎
城島城 水門町字城島
大着(附)城 西片岡
妙見山城 西片岡
釜島城 東片岡
朝日(旭)山城 東片岡高野谷
下阿知城 下阿知花屋
作州山城 上阿知
紅岸寺城 邑久郷納岡
邑久郷城 吉塔
浜 城
射越城 射越
内山城 南方
藤井城 藤井
宍甘城 宍甘
正木(山)城 中川
金山八幡山城 金山
付録 宇喜多家の系図
城跡所在地の略図
参考文献