福寿稲荷神社(新町)

せえでえじ神社巡り:福寿稲荷神社(新町)

 

せえでえじ神社巡り:福寿稲荷神社(新町) 
せえでえじ神社巡り:福寿稲荷神社(新町)
せえでえじ神社巡り:福寿稲荷神社(新町) の古木
せえでえじ神社巡り:福寿稲荷神社(新町) の古木

大きな商売をされていた人の邸内にあったお稲荷さんだそうです。明治時代にこの場所にお祀りしたとかいわれています。詳しくは解りません。
境内には樹齢何百年?と思われる大木があります。お稲荷さんより先にこの木があったと思われます。
松風堂の中村敦氏(92歳)が町内会を代表して26年間管理していました。

柴哲夫氏(73歳)がお世話

3年前から後任の柴哲夫氏(73歳)がお世話をして下さっています。「所有者が良く解らなく、将来を心配しています」と柴さん。
古木ですが枝葉の勢いがあります。

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ「あのお稲荷さんには明治からの多くの人の思いがあるんでぇ。たいへんじゃあ。」
ばぁば「幹の太さと樹高がアンバランスにも見えるんじゃ。お稲荷さんの謂われ、誰か知っとる人教えてーーー」

和霊神社(新町)

せえでえじ神社巡り:和霊神社(新町)

和霊神社の本宮は宇和島市和霊町にあります。祭神は、藩主伊達秀宗の家老であった山家(やんべ)清兵衛公頼です。彼は忠誠、剛直の士で主君を補佐して悪政を改革しました。同僚の裏切りにあい、刺客の手にかかって蚊帳の中で暗殺されました。その後、忠臣であることが分かり、秀宗公は清兵衛の霊を和らげるため神社を作りました。それが和霊神社と呼ばれるようになりました。
普通の神社と違って武士個人が祭神となっております。息災延命、子孫繁昌に霊験があるというので、多くの人々から信仰されるようになりました。瀬戸内海地方一般に広まり、各地に分祀されるようになりました。

新町町内会が管理

せえでえじ神社巡り:和霊神社(新町)
せえでえじ神社巡り:和霊神社(新町)

お祀りされるようになった最初の記録は安政2年(1856)3月、との記録が新町に残っています。今の場所に簡略な形で安置したのが大正12年(1923)との記録もあります。
現在も新町町内会が管理しています。同町内会長を26年間務められた松風堂の中村敦氏(92歳)が大切にお世話して下さっていました。現在は柴哲夫氏(73歳)が町内会長として福寿稲荷神社と両方管理して下さっております。

せえでえじ神社巡り:和霊神社(新町)
せえでえじ神社巡り:和霊神社(新町)

柴会長は「例祭は6月23日でしたが現在は7月24、25日直後の土曜日を新町町内会の夏祭りとして行っています。お祭りの日に子供神輿を引き出し、昨年(2017年)は75歳以上の高齢者の方にお土産を配ってもらっています」「和霊神社そばは新町会館です。ここで町内会の総会等行事は行っています」「中村敦氏が町内会長の時代は町内の旅行をかねて和霊神社本宮へお参りしていました。今度みなさんと参拝できればと思っています」と述べられていました。

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ「3年前に和霊神社の本宮に参拝したんじゃ。立派なお社じゃったな。社務所で西大寺に分祀した事も年代を調べてもろうたが、解らんかったなあ。宇和島市にある本宮は、町の名前が和霊町じゃったなあ」

ばぁば「和霊様のご祭神が武士個人じゃてえ知らんかったなあ。調べるとおもしれえな」

般若坊(旭町、新光タクシー南)

せえでえじ神社巡り:般若坊(旭町、新光タクシー南)

せえでえじ神社巡り:般若坊(旭町、新光タクシー南)
せえでえじ神社巡り:般若坊(旭町、新光タクシー南)

般若菩薩様をお祀りしています。般若菩薩とは大般若経のご本尊で、智慧の仏様です。皆さん良くお唱えする般若心経ですが、仏様はあまり見たことがありません。五智の宝冠をかぶり、左手に梵篋(ぼんきょう)をのせた開敷(かいふ)蓮華(れんげ)を執り、右手には三鈷(さんこ)を持っているそうです。
普門院の副住職鷲峯氏(55歳)にお聞きすると「よくはわかりませんが、江戸時代にはこの地に般若坊というお寺があって明治時代の廃仏棄釈でなくなり、このような形で残ったのではないかと思われます」とおっしゃっていました。

普門院がお膳をこしらえ、お供えもの

新光タクシーの南側にひっそりと建っています。足が痛いときなどお願いをするとご利益があると信じられています。以前は、石田伊保子氏(86歳)をはじめご近所の皆さんが草取りやお花を生けたりしておりました。
「7月16日のお祭りの日は幕を張り、子供たちにくじ引きでお菓子を配ったりしておりました。ご近所の方も少なくなり、夫も高齢になり幟の竹も建てられなくなっていました。普門院様が『ここは我が家の敷地なので管理をする』とおっしゃり、お祭りには普門院様がお膳をこしらえ、お供えものをしてくださっています」と石田さんがお話しくださいました。

せえでえじ神社巡り:般若坊(旭町、新光タクシー南)
せえでえじ神社巡り:般若坊(旭町、新光タクシー南)

地図(リンク)

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ「そんなところに般若様がおられるとはしらなんだなあ。今度お参りしょうかな。梵篋とは法印のひとつ、または梵字の入った箱をさすんじゃて?」

ばぁば「般若菩薩さまといえばありがたい仏様 大切に受けつがんとなぁ」

はだか第640号

4月30日付で「はだか」第640号が発行されました。同誌は、西大寺川柳社(野島全主幹)の会誌で月刊です。

4月30日付で「はだか」第640号が発行。西大寺川柳社(野島全主幹)会誌
4月30日付で「はだか」第640号が発行。西大寺川柳社(野島全主幹)会誌

河畔集、はだか句会、宿題などの句紹介のほか、誌上大会など題、日程などを掲載しています。

西大寺川柳社役員(平成30年度)

同号では平成30年度西大寺川柳社役員名簿を掲載しています。

主幹・野島全、副主幹・工藤千代子、幹事・東槇ますみ・田辺たかき・秋山けいこ・大石洋子・折鶴翔、書記会計・成本二三子、監事・橋本泉

西大寺川柳社句会

  • 5月句会:5月19日(土)13~16時、題「パン」「罠」「意見」、宿題「ぴったり」
  • 6月句会:6月16日(土)13~16時、題「舞う」「気」「田舎」、宿題「余韻」

場所は西大寺公民館