中野公民館前遊園地が「荒らされた」

28日朝、公民館中野分館前の遊園地にゴミ、吸殻などが散乱し、ブランコの安全柵は根元から穿(うが)ったようになっていました[写真上]。近所の方から連絡があったようで、携帯電話のカメラで撮影に来られた方がおられました。

同日午前中には危険防止のため周囲にロープが張られました。30日午前もロープは張られたままになっています[写真下]。

30日、安全確保のためロープは張られたまま
30日、安全確保のためロープは張られたまま

その後、どのような扱いになったか不明です。数年前にもブランコ安全柵は同様のことがあったと記憶しています。

別の公園では、髪染めし、公園水道を使って洗い流したり、ジャンクフード包装紙や吸殻が散乱していたこともあったようです。これについては、公園近所をはじめとして住民の連携で少年たちと話もした、との経過が伝わっています。

その「別の公園」では、7月はじめころから砂場保護対策を無にするような行為や、瓶を割り破片が散乱する、吸殻が放置されるなどのこともあったようです。ご近所に公園の観察を依頼したり、公園管理者らの巡回を増やしたりして、少年と接触する機会を得、けが人が出かねないガラス瓶を割ること、砂場保護対策を無にする行為がエキノコックスの感染症を広げかねない危険性があること、などを伝え自制と自省を求めたとのことです。
この過程で、学校に電話した、とのことも伝えられました。学校からは、(1)遊んでいるだけなら見守ってほしい、(2)器物破損、喧嘩などであれば警察に連絡してほしい、などとの返事があったとの情報もあったようです。

16日朝、公園に散乱したゴミなどを集めた状態(「別の公園」関係者から提供された)
16日朝、公園に散乱したゴミなどを集めた状態(「別の公園」関係者から提供された)
5日朝、公園に散乱したゴミなどを集めた状態(「別の公園」関係者から提供された)
5日朝、公園に散乱したゴミなどを集めた状態(「別の公園」関係者から提供された)

 

水位記録や河川カメラ、洪水ハザードマップ

西大寺小学校区避難場所
西大寺小学校区避難場所:どの施設が開放されるかは市ホームページ、防災メール、などでご確認ください。出典:市ハザードマップから関係分を抽出し調製

災害対応:ボランティア募集

社会福祉協議会が災害ボランティアセンターを開設します。東区内では、上道公民館で11日(9~16時)から開設。(終了日限不明)

  • 上道公民館内のボランティアセンター:竹原474番地、090ー5625ー0724
  • 募集するボランティア:岡山市内在住、在勤、在学の方。ボランティアセンターで受付を済ませた後、市内各地の活動場所へボランティア自身の車で移動

なお、社会福祉協議会(090ー2001ー9878)では、本日からボランティア参加、派遣の受け付けをしています。

ボランティア参加の際の準備などについては、同協議会広報連絡文書に示されていません。ご関心のある方は、同協議会地域福祉課(086ー225ー4051)までお問い合わせ下さい。

水害で西大寺小学校体育館に避難の人

9日追記:9日午前11時過ぎ、一家族4名のかたがご希望により平島方面へ移動されました。西大寺小学校体育館に避難の方がおられなくなりましたので、午前11時40分、避難場所は閉鎖されました。コミュニティをはじめご近所のみなさまはじめ多くの皆様にお世話になりました。

このたびの水害で被災された方が西大寺小学校体育館に、約30名避難しておられます。おもに平島地区のみなさんです。

避難所には、市職員、学校管理者などがつめ対応にあたっています。保健センター、連合町内会、議員などからが訪問、激励、要望聴き取りなどにあたっていました。

9日夕方まで、この避難所は開設が決まっています。以後は未定、との情報です。