毘沙門天(元町)

毘沙門天(元町)

せえでえじ神社巡り:毘沙門天(元町)

大正11(1921)年西大寺住宅組合により63軒の家が田圃の中に作られました。この区画は将来西大寺の発展の元になるという意味から「元町」と名づけられました。明治44(1911)年に開通していた西大寺鉄道の起点西大寺駅から西大寺観音院への参道として発展していきました。
町内には多くの商店が軒を連ね、劇場、映画館、飲食街も出来ました。元町の位置を示す道標(石柱)が「割烹ひさご」前の三差路に建てられています。
独尊のとき「毘沙門天」、四天王がそろっているときは「多聞天」といいます。インド神話のクベータが仏教に取り入れられたものだそうです。武将の姿で二つの鬼を踏んでいて、怨怒の相をしています。
ここでは木像の毘沙門天をお祀りしています。

現在、元町町内会長・岡崎巌氏が代表で管理

だんだんと宅地が広がり元町は大きくなりました。ここは「じぃじ」こと岡崎巌氏(75歳)が元町町内会長で代表して管理しています。
夏祭りは、7月15日前の日曜日に行われています。戦後元町会館を建立した時、お社も一緒に建てました。子供神輿を出し親子で会館の2階に集まりお弁当を一緒に食べビンゴゲーム等をして遊びます。80所帯ある元町ですが町内会加入は100パーセントだそうです。
夏祭りの祭礼は、上寺山余慶寺の恵亮院さんが来て執り行ってくださいます。

毘沙門天(元町)
毘沙門天(元町)
普段は鍵が掛かっています。

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ:わしが町内会長で管理しよんよ。子供が少なうなったが、神輿の時には町外へ出ていかれてた人の子供さんやお孫さんも参加されとんじゃあ。
ばぁば:元町は西大寺の町の元じゃったんじぁあ。映画館などあったなあ。今では考えられんほど静かな住宅地になったなあ。

五社(東幸町)

五社(東幸町)

せえでえじ神社巡り:五社(東幸町)

五社(東幸町)
五社(東幸町)

「五社」は「日神」「月神」「星神」「神明」「祇園」をお祀りしている例などがありますが、全国的にも祭神は一定でなく、ここの五祭神は解りません。以前は、おのだ美容院(西幸町、グランドホテル裏の道)の前に川があり、そのそばに祀られていました。昭和32~35年にかけて道路の拡張工事が行われ、その時遷宮しました。

小野田さん(76歳)は「美容院の前は綺麗な水が流れていた川で、子供のころ橋の欄干に友達と並んで腰かけている写真に五社さんが写っていました」と話しておられました。「五社さんをお移ししてから火事が頻繁にあり、部落の人が愛宕山へお参りし、石柱が道路の下に残っていたので住吉神社のお社の中にお移した。それからは火事が起こらなくなった」(同前)のお話もして下さいました。住吉神社の中にあった石柱がそれだと納得しました。

遷宮した場所が福光儀明氏個人の土地であったので、同氏が申し出て管理して下さっていました。同氏が平成27年に亡くなられ、現在は東幸町町内会が住吉神社と一緒に管理しています。住吉神社の夏祭りの時に窪八幡宮の宮司さんが祈祷して下さっています

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ:どこぉ調べても詳しいことはわからんのじゃ? でぇーか教えて。
ばぁば:西大寺には五社宮が多いのに愕いたのう。今でもわからんのじゃけえ、先になったら尚更わかろんじゃろうな。

住吉神社(東幸町)

住吉神社(東幸町)

せえでえじ神社巡り:住吉神社(東幸町)

住吉神社は、東幸町の町内会会長・櫻井彰氏が代表で管理をしています。10班に分かれ月当番でお掃除をしています。
会長宅をお尋ねすると、奥様の佐代子氏(66歳)が「会長を引き受けてまだ間がなく、副会長の福井氏(70歳)がずっとお世話をして下さっています。あの方が詳しいので」とおっしゃるので福井純一氏をお尋ねしました。

住吉神社(東幸町)
住吉神社(東幸町)
住吉神社(東幸町)
住吉神社(東幸町)

夏祭りは毎年7月第2土曜日

福井氏は「夏祭りは毎年7月第2土曜日に行います。町内会で会費300円を集めます。子供神輿をだしています。昔は子供も多く60人ほどいましたが、今は30人くらいになりました。お楽しみくじ引き、スーパーボールーすくい、アイスクリーム販売など出店もあり、1回10円で楽しんでもらっています。祭礼は窪八幡宮(東区久保)の宮司さんにお願いをしています」とおっしゃっていました。

かなり歴史がありそうですが、書付などが見当たらず、福井氏は住吉神社をいつ頃お迎えしたのか聞いたことがないといわれ、石原洋三氏(77歳)を紹介してくださいました。石原氏は「子供の時には住吉神社は遊び場でいつも遊んでいた。お社の中に何か書付があるかも知れない」といわれるので、福井氏にお願いをして鍵を開けてもらい、3人で中を探すことになりました。
神社の裏から入ると東幸町の集会所となっていました。広くてきれいにされていて、ここで桃太郎体操など色々行っているそうです。子供神輿、注連飾り、石柱も見せて頂き、いよいよお社へ。いわれになるような手掛かりは見つかりません。かなり古いものだということは解りました。

★<じぃじとばぁばの独り言>

じぃじ:昔は幸町というひとつの町内会じゃったんじゃが、範囲が広うなって西と東に別れたんじゃあ。昭和40年代のころのことじゃあ。
西大寺愛郷会発行の「西大寺の祭り」にも詳しいことは書かれてねーんじゃ。
もともとは幸町の表通りの亀山商会前にあったのがここへ移されたといわれてるがわからんなあ。町内守護の神として7月14日が例祭の日であったらしい。
ばぁば:住吉神社はいつ頃お迎えしたんかな。誰か知ってる人いたら教えて。

付記

住吉大社(大阪市住吉)は、全国にある住吉神社の総本社です。主祭神は海の神である筒男三神(底(そこ)筒男(つつおの)命(みこと)、中筒男(ちゅうつつおの)命(みこと)、表(うわ)筒男(つつおの)命(みこと))で、神(じん)功(ぐう)皇后(こうごう)(息長足姫命)をふくめ四柱をお祀りしています。同大社は、祓の神、航海安全の神、和歌の神、農耕、産業の神、弓の神、相撲の神などとして信仰を集めてきました。西大寺の住吉神社(東幸町)は住吉明神をお祀りしています。仏教などと異なり像がありませんので、どのようなお姿か色々想像しました。

西大寺文化資料館 平成30年度 冬の企画展示のご案内

新年あけましておめでとうございます。
今年も、西大寺文化資料館をよろしくお願いいたします。

平成30年度秋の企画展の「幕末・明治の西大寺展」は昨年12月23日で終了し、新年1月6日(日)より、冬の企画展として、「西大寺会陽写真展」を開催いたします。

今年の西大寺会陽は、下記の通りで開催されます。
開催日時:2019年2月16日(土)22:00~宝木投下
場所:高野山真言宗別格本山 金陵山西大寺(観音院)
祝主:旭電業、山陽新聞社

天下の奇祭 会陽裸祭りのオフィシャルサイトです。ご一読ください。
www.saidaiji.jp/eyou/

平成30年度冬の企画展の概要は以下の通りです。是非、ご来館ください。
企画展示名:「西大寺会陽写真展」
期間:平成31年1月6日(日)~3月31日(日)
開館:毎日曜日 10時から16時
入館料:高校生以上100円、小・中学生50円
場所:西大寺文化資料館(中国銀行西大寺支店駐車場西40ⅿ)

フォトハイキング「ふるさとの風景」

日程 1月14日(月・祝)~1月31日(木)※休館日を除く
時間 9:00~21.00(最終日は16:00まで)
場所 西大寺ふれあいセンター1階アトリウム

内容 写真協力「西大寺公民館クラブフォト吉井川」ふるさとの風景の写真を展示します。

お問い合わせ先
西大寺ふれあいセンター管理事業係
〒704-8116岡山市東区西大寺中二丁目16-33
TEL 086-944-1800

教養講座「備前西大寺に残っていた錦絵新聞」のご案内

西大寺緑化公園緑の図書館が主催する教養講座が下記の要領で開催されます。
聴講料は無料です。ご都合のつく方、皆様お誘いの上、ご聴講をお願いします。

講座名:「備前西大寺に残っていた錦絵新聞」
西南戦争を伝える明治10年3月に発行された「鹿児島県 有のその
まま」という錦絵新聞が、東京や大阪で発行されました。
大坂で発行された錦絵新聞500点余りのうち、150点が西大寺
残っていました。
錦絵新聞とは?、どうして西大寺に残っていた?などの疑問について
実物を見ながら解説いただきます。

講師:山本 鐘生(やまもと かねお)氏
西大寺愛郷会 副会長兼西大寺文化資料館 館長

日時:2019年2月2日(土) 14:00~16:00

場所:西大寺百花プラザ 1階 研修室
岡山市東区役所の隣

以上