西大寺文化資料館 2019年度 春の企画展示のご案内

平成最後の企画展「西大寺会陽写真展」は本年3月31日で終了し、4月7日(日)より、春の企画展として、(仮称)「西大寺橋物語展」を開催いたします。

永安橋は、西大寺の象徴であり、西大寺に住む者にとっては、吉井川の清流と観音院の大屋根、大きな弧を描いた永安橋が三位一体となって頭に焼きつけられた光景である。しかし、近年の交通量の増加とともに老朽化が著しく、交通上のネックとなってきた。そのため、十五年の歳月と六十四億円の巨費を投じて、新橋が建設され、昭和六十一年三月三日開通した。(西大寺 第十二号掲載記事 青江文二氏著 永安橋の歴史より)
最初の架橋については、次のように記している。
明治十年(1877)満藤恒、河合綱太郎両氏の発起により、木橋を架けることに決定し、翌十一年一月県に出願した。同十二年(1879)一月に完工し、二月二十三日の会陽当日に渡初式が行われた。
以上のように、今年が初代永安橋架橋140年に当りますの。その記念として、永安橋の歴史を始め、西大寺地区にある特色ある橋を巡ります。
パンフレットにある「永安橋の図」(掛之町下野閑雲作)の展示も予定しています。
乞うご期待ください。
また、西大寺の橋に関する古写真、特色ある写真のご提供をお願いします。

2019年度春の企画展の概要は以下の通りです。是非、ご来館ください。
企画展示名:「西大寺橋物語展」
期間:2019年4月7日(日)~6月30日(日)
開館:毎日曜日 10時から16時
入館料:高校生以上100円、小・中学生50円
場所:西大寺文化資料館(中国銀行西大寺支店駐車場西40ⅿ)

17日の準備ボランティア募集for31日ぼうさいカフェ&お花見@中野公民館

中野南町内会(髙嶋基会長、約170戸)では初めての「ぼうさいカフェ&お花見」の準備ボランティアなどを同町内から募集中です。

17日(日)ボランティア説明会&準備作業

3月17日(日・09:30-11:30)には、本番(31日)での担当を決めます。あわせて、事前準備として軽作業をおこないます。同実行委員会では「お茶でも飲みながら、31日大成功に向けご相談しながら準備します」(下画像参照)として、同町内からのボランティアを募集中です。

17日(日)ボランティア説明会&準備作業

17日(日)ボランティア説明会&準備作業

「準備ボランティア、本番ボランティアなどご協力いただける町内の方は、町内会役員などにお問合せいただくか、説明会が開かれる中野公民館へお越しください」と呼びかけています。

31日(日)本番ボランティアの内容

同実行委員会チラシ[上画像]では、本番ボランティアの内容を以下の通りとし、ご協力を呼びかけています。

  • 受付(名簿、記念品、アンケート)
  • パッククッキング(補助)
  • 消防訓練(補助)
  • 展示コーナー(補助)
  • クイズラリー(輪投げコーナー)
  • 炊き出し(調理、配膳)

お問い合わせなどは、関連記事( 31日:中野南町内会 “ぼうさいカフェ&お花見会” 中野公民館 )をご参照ください。

31日:中野南町内会 “ぼうさいカフェ&お花見会” 中野公民館


3月31日 、中野南町内会(高嶋基会長、約170戸)では、「ぼうさいカフェ&お花見会」を催します。同町内会会員、家族の参加を呼びかけています。

案内チラシ:31日に中野南町内会が “ぼうさいカフェ&お花見会” を中野公民館で開催

当日は、午前9時45分から受付開始(先着50名に記念品)します。消防訓練体験、クイズラリー、展示コーナーなどがあります。

「ポリ袋deクッキング」では、災害時の水不足にも調理器具の汚れを少なくできる調理法として、ポリ袋に入れ湯煎(ゆせん)コーナーを設け、実演・紹介します。

開催日には、桜も見ごろとなるはずで、おもに午後を中心に「お花見会」も予定しています。一品持ち寄りで、ご近所づきあいを深めながら、生活のこと防災のことなどを談笑いただければと思います。


ぼうさいカフェ&お花見会 日程(3月1日現在の予定)

  • 中野南町内会 ぼうさいカフェ&お花見会
    • 3月31日(日)10時~
    • 中野公民館
    • 消防訓練体験コーナー
    • ポリ袋deクッキング
    • クイズラリー(景品あり)
    • 受付記念品(先着50名様まで)
    • 展示コーナー  など
    • 受付9時45分~16:00 終了予定

連絡メアド兼記録写真応募メアド

今回の催しに際し、電子町内会には、この記事掲載をはじめ、メアドの提供を行っていただきました。以下のメアド本文にお名前をご登録いただければ、準備状況や天候などによる開催状況の判断をお知らせいたします。あわせて、当日の記録をメアドで受け付け予定です。

防災cafeメアド e@saidaiji.org

e@saidaiji.org ←防災cafe用連絡メアド兼記録写真投稿メアドです。

スマホなどの電池式充電器導入(災害時も情報発信・収集)

このたび、電子町内会に充電池式のモバイルバッテリ充電器を導入しました。

充電池式のモバイルバッテリ充電器
充電池式のモバイルバッテリ充電器

災害時にも情報に強い電子町内会へ

今回、充電式のモバイルバッテリ充電器を導入したのは、災害時・停電時にも電池切れにならず情報発信・収集ができるようするためです。これまでに、ネット接続可能な情報通信機器を用意するなど、電子町内会にふさわしい災害への備えを進めてきました。その第二弾になります。

昨年の北海道地震の際、多くの方がスマホのバッテリ切れで、各所で充電する姿をテレビなどで目にしました。今回の充電池の容量で十分とはいきませんが、ひとまず、電気がないことでネット接続できないなどの問題が起こらないよう、 充電式のモバイルバッテリ充電器を用意できたことになります。

USB2口以外に、100Vコンセントと同じ差込口もあります。延長コードなども利用し、タップ、コンセントをふやせば同時に何台も充電できます。

どれくらい一定レベルの電池があるかこれから検証

満充電で、スマホ7回分、またはノートPC4時間分などの「電気」を確保できたことになります。
満充電にし、このまま放置してどれくらいの期間使える状態を保持できるかテスト予定です。

電子町内会も、災害時に役立つよう、ひきつづき頑張ります。ご支援よろしくお願いいたします。

教養講座「備前西大寺に残っていた錦絵新聞」の実施報告

西大寺緑化公園緑の図書館主催 教養講座「備前西大寺に残っていた錦絵新聞」が実施され、盛況裡に終了しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
関連情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非ご提供をお願いします。
連絡先:086-943-5990 西大寺愛郷会

教養講座の概要
講師:山本 鐘生氏
日時:2019年2月2日(土) 14:00~16:00
場所:百花プラザ1階研修室

1.はじめに
備前西大寺に残っていた貴重な資料
2.「山陽吉備之魁」
3.12冊の冊子
4.錦絵新聞とは
5.西南戦争と錦絵新聞「鹿児島県 ありのそのまま」

講義をされる山本さん
ご参加の皆様
会場の掲示されていた錦絵新聞其の他

フォトハイキング「ふるさとの風景」Part2

日時:平成31年2月1日(金)~2月28日(木)
   午前9時~午後9時(最終日は午後4時まで)
   ※休館日は除く
場所:西大寺ふれあいセンター1階アトリウム
内容:写真協力「西大寺公民館クラブフォト吉井川」
   ふるさとの風景の写真を展示します。
お問い合わせ先:西大寺ふれあいセンター管理事業係
TEL:086-944-1800

西大寺ファンタジー2019

開催日時:2019年2月1日(金)~2月28日(木)17時30分~22時
※西大寺会陽当日(2月16日)のみ17時~翌1時
※点灯式は2月1日(金)17時40分から
開催場所:JR西大寺駅前
主催・お問い合わせ:西大寺ファンタジー実行委員会
(東区役所総務・地域振興課内)
電話:086-944-5038


「はだか」第649号

「はだか」第649号(1月29日付・西大寺川柳社)が発行されました。

「はだか」第649号(1月29日付・西大寺川柳社)

「はだか」第649号(1月29日付・西大寺川柳社) 表紙

同号は、「河畔集」「一人一句選」「川柳はだか一月句会」などの句紹介ほか、「おめでとう」欄、川柳大会告知など10ページ構成です。

「おめでとう」欄では、「山陽柳檀」(1月6日)で、第三席・田辺たかき、佳作・永見心咲、とのうれしい報告が載っていました。「訃報」欄に、竹原汚痴庵さんが昨年12月に永眠されたとの記事がありました。
汚痴庵さんの昨年6月の句、「説明し詫びて真相藪の中」など7句を掲載し、故人をしのんでいます。

日程

  • 1月31日・全日本川柳大会
  • 2月10日・第68回西大寺会陽川柳大会
  • 2月20日・第7回春の川柳塔まつり誌上大会投句締め切り
  • 2月末日・第7回広島県川柳協会誌上大会
  • 3月16日・西大寺川柳社三月句会(西大寺公民館)
  • 4月20日・ 西大寺川柳社三月句会(西大寺公民館)

西大寺川柳社へのお問い合わせ:川柳を一緒に楽しみませんか。お問い合わせは、西大寺川柳社(野島全さん、086-943-4627)まで。