岡山で発見された「路程車」を訪ねて

平成27年10月7日に、江戸時代の測量器具である「路程車」が発見されたことが備前市から報道発表されました。山陽新聞記事(2015.10.8)
昨年7月、備前市歴史民俗資料館の学芸員が岡山市内の旧家に保存されているのを発見したというそんな経緯から備前市歴史民俗資料館にて企画展「江戸てく-東備と測量家たち-」が開催されました。
この企画展では、「伊能忠敬全国測量後、さらに活発化していく備前国の測量家(窪田浅五郎・田淵弥三郎を中心に)を取り上げ、東備地域に残された絵図を中心としながら、江戸時代後期の岡山地域における測量の技術力に迫ります。」としています。
企画展のメインである、窪田浅五郎が開発した、本邦初公開の測量器具「路程車」を訪ねましたので、「路程車」を中心にレポートします。

備前市歴史民俗資料館

備前市歴史民俗資料館

JR赤穂線備前片上駅徒歩5分の所にある、備前市歴史民俗資料館では、「備前焼を学ぶ」「備前市の歴史を知る」「備前市ゆかりの作家たち」をテーマに展示を行っています。
また、年に数回企画展を開催しています。

(2017-4-8WEB管理者注記:この企画は終了しています)企画展「江戸てく-東備と測量たち-」は2015年10月23日(金)~12月6日(日)の開催です。

“岡山で発見された「路程車」を訪ねて” の続きを読む

西大寺愛郷会の歩み

*発行書籍「西大寺17号(平成 4(1992)年 3月発行)」からの転載です。
従って、昭和48(1973)年から平成4(1992)年の20年間の歩みですのでご注意を。

西大寺愛郷会二十年の歩み

<岡山県教育委員会の表彰を受ける>

昭和四十八年に生まれたわが西大寺愛郷会は、昨年(平成三(1991)年)十一月一日岡山県教育委員会から、社会教育及び文化の分野における功労者として表彰されたので、本号はここにこれを祈念してその歩みの跡を記しておく。
表彰状の文面はその功を次の如く記してある。
貴会は多年にわたり郷土史研究および文化財保護を通して地域文化の振興に寄与された功績が大きいので表彰します。
そして表彰状と同時に、記念品として電池時計を戴いた。

“西大寺愛郷会の歩み” の続きを読む

西大寺愛郷会(さいだいじ あいきょうかい)とは

“西大寺愛郷会(さいだいじ あいきょうかい)とは” の続きを読む

なつかしのはきもの展

(2017-4-8WEB管理者注記:この企画は終了しています)

西大寺文化資料館では特別企画として『なつかしのはきもの展』を開催します。
展示期間は平成28年(2016)4月10日~5月29日までの毎日曜日です。
開館時間は10時~16時です。

昨年秋、岡山市東区水門町の浮田様から、沢山の履物の寄贈がありました。
『浮田履物店』は、大正7年(1918)に開業し、下駄の製造販売を行っていました。
しかし、昭和45年(1970)ごろに閉店しました。
今回は当時の倉庫に保管されていた「足袋」「下駄」「ゴム草履」「運動靴」など、昭和30~40年頃の大変懐かしい「履物」を展示しました。

なつかしのはきもの展

“なつかしのはきもの展” の続きを読む

西大寺会陽と西大寺文化資料館所蔵の宝木

(2017-4-8WEB管理者注記:この企画は終了しています)

今年も、西大寺会陽の季節がやってきました。
今年は、平成28年 丙申 会陽(奉修 第五百七会)として2月20日(土)に開催されます。
祝主は岡山土地倉庫株式会社様と岡山トヨペット株式会社様です。
西大寺文化資料館では特別企画として会陽写真展(下の写真)を開催中です。
2月28日までの毎日曜日 10時から16時に開館しています。
是非、一度足をお運びいただき、詳細をご覧ください。

会陽写真展

会陽写真展

“西大寺会陽と西大寺文化資料館所蔵の宝木” の続きを読む

ついに発見、宍甘氏の墓碑、五輪塔

はじめに

宍甘(しじかい)氏一族の末裔で先祖捜しをしている倉敷市在住の宍甘(ししかい)さんからの問い合わせがきっかけで、宍甘氏の墓碑の実在を探索する活動が始まりました。
宍甘氏一族とは、岡山県上道郡古都村宍甘(現岡山市東区宍甘)出身の豪族で、山王山の南端に宍甘城を築いた一族のことです。
宍甘氏の墓碑とは、西大寺愛郷会が昭和49年に刊行した「西大寺の城跡」の宍甘城および岡山県上道郡古都村史の宍甘氏に記述のある五輪塔のことです。
その宍甘氏の墓碑、五輪塔の所在は、地元住民の聞合せ等により、おおよそ掴みかけており、すぐに見つけることができるだろうと考えていましたが、二度の踏破では竹藪に阻まれ、実在を確かめる事が出来ませんでした。
その後、岡山市東区役所地域振興課の御尽力もあり、2015年12月13日、地元、古都学区電子町内会のみなさんのご協力を得て、ついに見つけることができました。

“ついに発見、宍甘氏の墓碑、五輪塔” の続きを読む