西大寺を二度訪れた伊能忠敬(2)

最初の西大寺

1.第五次測量 文化2(1805)年2月25日~文化3(1806)年11月15日

紀伊半島*中国沿岸*岡山城下*赤間関*山陰海岸
江戸を出発し、東海道を沼津、浜吊湖を経て桑吊に到着。ここで大手分けを行い、支隊は伊勢の海岸、本隊は街道を測量して、山田 (伊勢市)で合流。のち紀州沿海を一周し大阪に着く。京都、大津を経て、琵琶湖を一周。
岡山に到着。データの整理や控え図の作成などをしながら、越年。
岡山出発、複雑な瀬戸内海の沿海と島々を測量しながら、赤間関 (下関) に達する。
忠敬は4月末より持病のおこりとなり、移動しながら療養する。萩、浜田、松江と進み、忠敬は療養のために松江に残り、測量隊は隠岐に渡る。隠岐全島、出雲、宍道湖を終えたころ、忠敬の病も癒え、松江を出発。
山陰海岸、若狭湾、琵琶湖の東西の街道を測量ののち、東海道を東進、熱田着。以降は測量を行わずに東海道を江戸に向かう。途中何カ所かで天測を行って、品川宿に帰着。

“西大寺を二度訪れた伊能忠敬(2)” の続きを読む

西大寺を二度訪れた伊能忠敬(1)

はじめに

伊能忠敬と西大寺の繋がりについては、西大寺愛郷会の元副会長であった青江文次氏が当会発行書籍の 西大寺 第11号(昭和61年2月発行)に「伊能忠敬*西大寺での仕事*《、西大寺物語(平成12年3月発行)に 「“推歩先生“海岸を測量《という記事を遺しています。
共に、伊能忠敬第五次測量時に日生から牛窓を経由して西大寺を訪れた文化2(1805)年11月14日前後のことを述べています。
伊能忠敬は、55歳から足かけ17年をかけて全国を測量し『大日本沿海輿地全図(だいにほんえんかい よちぜんず)』いわゆる伊能図を完成させ、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした人です。
伊能忠敬測量隊は寛政12(1800)年4月の第一次(奥州街道、蝦夷南東岸)から文化13(1816)年8月の 第十次(伊豆七島、江戸府内)まで、足掛け16年、測量所要日数は実に3,736日、測量全距離は38,787km に亘ります。
伊能忠敬は測量しながら現場で書いた「忠敬先生日記《という表題の51冊と、自身で後に清書した「測量日記 (沿海日記)《28冊を遺しており、いずれも千葉県香取市の伊能忠敬記念館に保存されており、両方とも国宝に 指定されています。
伊能忠敬が書き遺した測量日記を読み解くと、西大寺を二度訪れ、宿泊していたということが分かります。
以下に、その詳細を述べてみたいと思います。

「測量日記(沿海日記)《から伊能忠敬の測量隊は、3度岡山県下を訪れていることが分かります。
その中で、西大寺には二度訪れ、宿泊しています。
最初に訪れたのは、伊能忠敬が60歳、第五次測量時の文化2(1805)年11月14日、二度目は68歳、第八次測量時の文化10(1813)年12月12日のことです。
共に、坂口屋松左衛門という宿に泊まっています。
文化10(1813)年12月12日の日記に「丑年止宿、坂口屋松左衛門、此度も同宿《との記録が確認できます。
丑年は文化2(1805)年で、第五次測量時のことを指しています。

3度の岡山県下訪問
1度目 文化2(1805)年2月25日~文化3(1806)年11月15日の第五次測量(紀伊半島*中国地方)で岡山県下滞在期間は文化2(1805)年11月1日~文化3(1806)年1月28日
2度目 文化6(1809)年8月27日~文化8(1811)年5月8日の第七次測量(九州一次)で岡山県下滞在期間は文化6(1809)年11月19~27日、文化8(1811)年閏2月17日~3月1日
3度目 文化8(1811)年11月25日~文化11(1814)年5月25日の第八次測量(九州二次)で|岡山県下滞在期間は文化9(1812)年1月8~12日、文化10(1813)年12月2日~19日です。

『西大寺会陽展』

(2017-4-7WEB管理者注記:この企画は終了しています)

西大寺文化資料館では特別企画として『西大寺会陽展』を開催中です。
展示期間は平成29(2017)年1月8日~3月26日までの毎日曜日です。
開館時間は10時~16時です。

日本三大奇祭の一つ「はだか祭《と知られる西大寺会陽は、昨年、平成28(2016)年3月2日に国の重要無形
民族文化財に指定されました。
国指定重要無形民俗文化財は、風俗習慣、民俗芸能などのうち、特に重要なものを指定し保存と継承を図る制度です。
国の文化審議会から「伝承状況が良好で規模も大きく、宝木の取り扱いに関する儀礼も守られており、会陽の典型例
として貴重である《と評価され指定に至りました。
岡山県内では、白石踊(笠岡市)、備中神楽(高梁市など)、大宮踊(真庭市)に続き4件目の指定となります。
今年は国の重要無形民俗文化財指定後初めての西大寺会陽となり、2月18日(土)(22時宝木投下)に行われます。
祝主は株式会社フジワラテクノアート、トヨタカローラ岡山株式会社の両社です。
ちなみに、昨年の祝主は岡山土地倉庫株式会社と岡山トヨペット株式会社の両社でした。
福を授かるとされる「宝木(しんぎ)《を獲得した福男は、岡山市中区米田、自営業羽紊通浩さん(33)らの寺坂グループと、岡山市東区神崎町、公務員重松洋平さん(44)らの林グループが獲得しました。
今年はどんな争奪戦が繰り広げられるのでしょうか。

日本三大奇祭には諸説があるようです。西大寺会陽を含めた主なものを紹介します。
日本三大奇祭1:なまはげ(秋田県)・吉田の火祭り(山梨県)・西大寺会陽の裸祭り(岡山県)
日本三大奇祭2:西大寺会陽(岡山県) 黒石寺蘇民祭(岩手県) 四天王寺どやどや(大阪府)
『西大寺会陽展』は西大寺会陽を題材にした資料を展示します。
江戸、明治、大正、昭和の各時代の宝木の常設展示も併せてご覧ください。
是非、一度足をお運びください。お待ちしています。
展示概要は次の写真の通りです。

“『西大寺会陽展』” の続きを読む

『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』

(2017-4-7WEB管理者注記:この企画は終了しています)

西大寺文化資料館では特別企画として『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』を開催中です。
展示期間は平成28年(2016)9月4日~12月18日までの毎日曜日です。
開館時間は10時~16時です。

日本の郵便制度は、1871(明治4)年3月に創始されました。
が、当時は書状のみで、「郵便はがき」はありませんでした。
はがきが正式に郵便制度の中で発行を認められたのは、1873(明治6)年11月19日の太政官布告第389号で
「郵便ハガキ紙?封嚢発行規則」が公布されて、同年12月1日、はじめて「郵便はがき」が発行されました。
この郵便はがきは、官製はがきとして発行されています。当時のはがきの値段は、半銭及び一銭でした。
そして、1900(明治33)年9月1日に「逓信省令第42号 郵便規則第18条」により、初めて私製のはがきが
発行を認められることになります。
さらに、同年10月1日には、郵便規則施行によって、「絵はがき」の制作や発行が認められることとなり、様々な
ものが作られ、発行されるようになり、はがきのバリエーションがグーンと広がりました。
最初の官製はがきは、1902(明治35)年6月18日発売の「万国郵便連合加盟25周年記念郵便はがき」でした。
これは6種類一組で五銭でした。
この頃から日露戦争後の1906(明治39)年までは、「絵はがき」の大ブームとなりました。
特に日露戦争の戦況を伝えるシリーズ物はすごい人気だったようです。
絵葉書資料館 絵葉書の歴史
『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』は西大寺関連を題材にした、「絵はがき」を一挙に公開しました。
是非、一度足をお運びいただき、詳細をご覧ください。
展示概要は次の写真の通りです。

“『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』” の続きを読む

西大寺西川に架かる12橋

西川とは

鴨越用水のことで、西川は通称です。
1672(寛文12)年に西大寺村及び金岡新田の灌漑用水として築造、のち沖新田の干拓に伴い延長された。
現在は吉井川の鴨越堰より取水し、雄神地区から西大寺の市街地を還流、金田・九蟠・豊田地区の田畑を潤して児島湾に注いでいる。
市街地では、左岸に家屋が立ち並び右岸には道路が寄り添い、そして大小様々な橋が架けられ、生活感のある景観を作り出している。
そして、西川親水空間整備の一環として、1993~1995(平成5~7)年度に、主だった6橋の改修
(親柱、欄干、街灯の整備)とポケットパーク(2か所)の整備を行い、人々に憩いと安らぎの場を提供している。
(岡山市 平成9年3月 設置 ふるさと西大寺の道しるべ より)
かつての川の水は、飲料水になるほどきれいで、藻が生え川魚も多くホタルも生息していました。
西大寺市街地の川には12の橋が架かり、情緒ある風景が続きます。
*寛文12年は岡山藩主池田光政候の時代になります。

西大寺西川に架かる12橋

欄干と親柱があった橋を数えると12あったことから吊付けられたものと思われます。
ちなみに境橋と地蔵橋、豊國橋には親柱と欄干が現在ありません。
今回、西川に架かる12橋について、親柱を訪ねてレポートしました。
親柱に表記されている橋吊には俗字や変体仮吊、くずし字、歴史的仮吊遣いが見られます。一緒に勉強してみましょう。
俗字:世間で通用するが正格ではない字体の文字である。
変体仮吊:平仮吊と違う字源またはくずし方のかなのこと。
くずし字: 草書体または行書体で書いた文字。
歴史的仮吊遣い:仮吊遣いの基準を古文献に置くもの。
なお、豊國橋の親柱は雄神川神社の境内に移築されています。また、地蔵橋の親柱と思われる一部が残っています。(後述)
これらの経緯などご存知の方は掲示板でお知らせください。

親柱:欄干の端に立つ太い柱のこと。橋吊は親柱に彫られることが多い。
橋吊の漢字は下流側、変体仮吊(かな)は上流側の親柱に表示することが一般的なようです。
欄干:橋の縁にある落下防止用の手すりのこと。

“西大寺西川に架かる12橋” の続きを読む

「正富汪洋直筆のはがき」について

正富汪洋(まさとみ おうよう)という人物を知っていますか。
本名は正富由太郎。邑久郡本庄村(現瀬戸内市邑久町本庄)出身の文学者です。
明治14 (1881) 年4月15日に生れ、閑谷黌を経て(20歳で)上京し哲学館(現・東洋大学)に入学します。卒業後、与謝野鉄幹前夫人・林滝野と結婚します。
明治38年、尾上柴舟を中心に若い歌人が集まり、<車前草社>を結成した際、若山牧水、三木露風、有本芳水とともに汪洋も加わります。
大正7年、詩誌「新進詩人」を創刊、昭和9年まで続けます。教職にも就きますが、昭和24年、日本詩人クラブを創設し、その発展に尽くしました。
明治38年『夏びさし』、39年『小鼓』、大正9年『豐麗な花』など、生涯を通して充実した詩作活動を続けました。
竹下夢二とは生家が近く、同じ明徳尋常小学校に通い、幼な友達でした。
郷里の国司丘(くにしがおか)には汪洋の詩碑が建てられています。
-吉備路文学館HPの正富汪洋の文学者紹介より-

“「正富汪洋直筆のはがき」について” の続きを読む

鴨越にある芭蕉の句碑の隣にある句碑

<おん母の 統(しる)しめすかに 良夜なる 磽生>

西大寺の芭蕉の句碑で鴨越にある芭蕉の句碑を紹介しましたが、その隣に設置されている句碑をご存知ですか。
磽生とは誰か? 句碑の背面にある昭和56年6月吉日 武田裕子建立の武田裕子と磽生の関係は? 等の疑問がありましたが今回、解決しましたので、その内容を以下に記します。

“鴨越にある芭蕉の句碑の隣にある句碑” の続きを読む

<予告>『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』

(2017-4-7WEB管理者注記:この企画は終了しています)

<予告>西大寺文化資料館の次回特別企画として『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』を開催します。
西大寺高女・会陽・永安橋など西大寺の古い絵はがきを展示予定です。
古い西大寺の絵はがきをお持ちの方は当資料館までお知らせください。
展示期間は平成28年(2016)9月4日~12月18日までの毎日曜日です。
開館時間は10時~16時です。ご期待下さい。

『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』

「平成28年度 第44回 西大寺公民館文化祭」に展示発表しました

平成28年度の西大寺公民館文化祭が7月23日(土)~24日(日)に開催されました。
西大寺愛郷会も西大寺公民館のクラブの一員として展示発表を行いました。
展示発表の内容は下記のとおりです。
平成28年(2016)4月10日~5月29日まで西大寺文化資料館にて特別企画として展示した
『なつかしのはきもの展』の内容を充実させて展示しました。
また、次回特別企画として開催予定の『絵ハガキで見る戦前の西大寺展』の予告をしました。

展示概要は次のとおりです。

「平成28年度 第44回 西大寺公民館文化祭」に展示発表しました「平成28年度 第44回 西大寺公民館文化祭」に展示発表しました